カフェとコワーキングスペースを徹底比較
お役立ち情報

【比較】仕事をするならカフェとコワーキングスペースのどちらがおすすめ?

こんにちは!
福岡でシェアオフィスを運営しているi Growth Shipです。

 

ここ数年でリモートワークやテレワークが普及し、会社以外の場所で仕事をする機会が増えた人も多いのではないでしょうか。
会社以外の仕事場として、カフェやコワーキングスペースがよく使われていますが、仕事をするにはカフェとコワーキングスペースどちらが適しているのか、それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

カフェで仕事をするメリット

店舗数が多いため、身近に店舗がある

カフェであればコワーキングスペースに比べて店舗数が多いため家の近くや駅の近くで比較的すぐに見つけることができます。日によってお店を変えることで気分転換にもなります。

気軽に入店できる

カフェは路面に面していることや普段から使い慣れている人も多いことから、コワーキングスペースと比べると入りやすいイメージがあります。

利用料金が安い

ちょっとした空き時間での利用ではコーヒー1杯の値段でおいしいコーヒーを飲みながら作業することができます。

カフェで仕事をするデメリット

混雑する時間帯もあるため、長時間の仕事に不向き

カフェはランチタイムなどの混雑する時間帯があるため、その時間は周りの話し声などが気になり集中しづらくなってしまうことがあります。そのため仕事をする場として長時間利用するのには不向きです。

電話やweb会議がしづらい

カフェでの電話やweb会議は他のお客さんの迷惑にならないように、声の大きさなどには気を付けなければなりません。またコンプライアンスの面でも、重要な情報に関する会話はできないため、打ち合わせには適していないと言えるでしょう。

コワーキングスペースで仕事をするメリット

仕事に必要な設備や備品がそろっている

コワーキングスペースは仕事をすることをメインとしている施設であるため、ほとんどのコワーキングスペースではコンセント付きの机やWi-Fiが完備されています。モニターやケーブルの貸し出しを行っているところもあるため、コワーキングスペースは仕事をするには困らない環境です。

周囲を気にせず長時間利用できる

カフェだと混雑する時間帯などには周りの迷惑になっていないかなどの心配がありますが、コワーキングスペースであれば仕事を目的として来ている人が大半であるため、どの時間帯でも周囲を気にすることなく仕事に取り組めます。

フリードリンクが利用できるコワーキングスペースも

コワーキングスペースにはフリードリンクのサービスがついているところも多くあります。カフェでおいしいコーヒーを飲みながら仕事をしたいという方でも、コワーキングスペースによっては挽き立てのコーヒーが飲めるところもあるので、ドリンクを重視する人も快適に過ごせるでしょう。

 

コワーキングスペースで仕事をするデメリット

カフェと比べて店舗が少ない

チェーン店が多いカフェは色々な場所で利用する店舗を見つけることができますが、コワーキングスペースはカフェと比べると店舗が少ないため、利用したい場所ですぐに見つからない場合があります。

店舗によって設備や利用方法が異なる

コワーキングスペースはその場所によって用意されている設備や利用方法が異なります。一人分の作業スペースが十分に広いところや狭いところ、ドリンクが無料のところや有料のところもあるため、その都度しっかり確認することが必要です。

 

まとめ

カフェはリラックスするための場所を提供していますが、コワーキングスペースでは仕事をするための場所として提供されています。

また、カフェは飲食店であるため、基本的には飲食を目的とした幅広い世代の利用者が集まります。コンセントやWi-Fiが使えるカフェも多く短時間の作業であれば問題なく利用できますが、混雑する時間帯もあり長居はしづらいため、仕事を目的として長時間利用するならコワーキングスペースがおすすめです。
コワーキングスペースは他の利用者も仕事を目的としているので、カフェのように時間や周りを気にせず仕事に集中して取り組むことができます。
今までカフェしか利用したことがないという方もぜひ一度コワーキングスペースの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

福岡で集中して仕事をしたい人のためのコワーキングスペース併設のシェアオフィスは「iGrowthShip」がおすすめです。

ブログ一覧へ戻る